インプラント治療をしてもらう男性
目次

見た目が自然なうえ、食事のときにも自分の歯のように噛むことができるインプラントですが、天然の歯と違いはあるのでしょうか。

インプラント治療は、チタン製の人工歯根をあごの骨に植え込み、その土台にセラミックなどで作られた人口の歯を取り付けます。
この人工歯根のことを「インプラント体」といいますが、あごの骨に植え込まれたインプラント体は次第に新しい骨の組織がそのまわりを取り囲むことにより、すき間なく直接結合します。
このことによって優れた安定性が得られ、違和感のない自然な噛み心地を実現できるのです。
これはインプラント体がチタンという、極めて生体親和性の高い材料でできているためです。

対して天然の歯は歯根と骨が直接くっついているわけではなく、歯根のまわりに「歯根膜」と呼ばれる組織が存在します。
この歯根膜の有無がインプラントの人工歯と天然の歯との、もっとも大きな違いといえます。

歯根膜とは?

歯根膜にはクッションのような役割があり、噛んだ時わずかに沈み込みその衝撃を和らげてくれます。
インプラントには歯根膜が存在しないために、天然の歯に比べ無理な力に弱いといえます。
また歯根膜には知覚神経が通っていて、過度な負荷がかかった場合反射的に力を緩める反応が起こります。
歯根膜がないとこのように負担を回避することができません
あごには自分の体重と同じくらいの負荷がかかるといわれています。
インプラントではその強い力がそのまま伝わり、骨に負担をかけることになるのです。

歯根膜の有無で生まれる差とは?

歯根膜の有無は血液供給にも関わります
天然の歯は、骨と歯肉、歯根膜の三方向から血液が送られています。
骨や歯肉と同じように歯根膜にも血管が通っているのです。
インプラントは歯根膜を除く二方向しかなく、血液供給が十分にあるとはいえません。
歯と歯茎のすき間を歯周ポケットと呼ぶことがありますが、歯周ポケットに細菌が侵入すると好中球やマクロファージといった免疫細胞がこれらを攻撃し感染を防ぎます。
免疫細胞は血液によって運ばれるため、血液供給が十分でないインプラントの場合この防御機能が弱く歯周病などのリスクが天然の歯に比べ高いといえます。

天然の歯とインプラントの人工歯の違いは他にもあります。
天然の歯の場合、歯肉の線維が歯面に対し垂直に付着しているものもありますが、インプラントには水平方向の繊維しかありません。
このため歯から歯肉が剥がれやすく、細菌が入りやすい構造ということができます。

やむを得ない事情がない場合以外は天然の歯を維持!

その審美性や違和感のない自然な噛み心地で非常に優れた治療法といえるインプラントでも、このように天然の歯には様々な面で追いついていないのが現状です。
インプラントによる人工歯は、決して自分の永久歯と同じではないのです。

インプラントは先に説明した歯肉の繊維や血液供給の問題で口腔内の環境を良好に維持することが難しいことに加え、構造上どうしても汚れが溜まりやすいという特徴があります。
そのため、定期的なメンテナンスが非常に大切になってきます。

インプラント歯周病に悩まされる男性インプラントの場合に起こる歯周病を「インプラント歯周炎」といいますが、天然の歯に比べそのリスクが高いばかりでなく、自分では気づかず進行してしまうことも多いです。
この歯周炎は歯周病とそのメカニズムは同じなのですが、歯周病と比べ出血や痛みが少なく、かなり進行しても不自由なく食事ができてしまうため気付きにくいのです。
しかも進行する速度は歯周病の10~20倍といわれ、進行すれば最終的にインプラントが抜け落ちてしまう恐れもあります。

インプラントは優れた治療法という認知度だが・・・

近年、このインプラント歯周炎の患者数は急増しているといいます。
インプラント治療を行った患者の3~6割でこの歯周炎が起こっているのです。
インプラント治療の失敗やトラブルの多くは、この歯周炎が原因であるともいわれています。
正しい知識を持たず、メンテナンスを疎かにしてしまうことも原因と考えられますが、インプラント治療の知名度が上がり、そのメリットばかりがクローズアップされていることも一つの原因ではないでしょうか。

確かにインプラント治療は審美性に優れ、自然で美しい見た目や自分の歯に近い機能が手に入る魅力的な治療であるといえます。
しかし、インプラントが選択肢の全てではないはずです。
安易に抜歯してしまう前に、状況に合わせ最適な治療法を十分に検討することも必要なことです。
可能であるなら、治療に時間や手間がかかったとしても天然歯を残す選択をするべきではないでしょうか。
最新の優れた治療法であるとしても、天然の自分の歯に勝るものはないのです。

大切なのは健康な歯を維持すること

そしてまずは何より、虫歯や歯周病などによって天然歯を失わないようにすることが重要です。
今ある自分の歯を維持し続けるには、毎日の丁寧な歯磨きが不可欠です。
また、トラブルを初期の段階で食い止めるために、定期的に検診を受けることも必要なことです。
あくまでもインプラントは最終手段であることを理解し、虫歯や歯周病の予防に努めましょう