インプラント治療をしてもらう男性

インプラント手術のデメリットとは?

インプラント手術を受けるデメリットはいくつかあります。
まず入れ歯やブリッジとは違うので保険適用外という点です。
その為どの歯医者で治療を受けても自由診療扱いになるので治療費用は全額自己負担になってしまいます。
保険適用外なので治療費用は平均で30~50万円はかかってしまいます。

治療期間が長いというのもデメリットです。
インプラント治療では人工の歯の根を埋め込む必要がある為、それが顎の骨の中でくっつかないと次の治療を行えません。
また顎の骨の形に合わせて手術を行う場合もあるので、CTスキャンを使って撮影したり、噛み合わせのチェックをしたりするので治療期間は長くなってしまいます。
大体インプラントに骨がくっつき人工の歯をつける段階になるまで約3~10ヵ月程かかります。

治療が失敗してしまうというリスクも大きなデメリットです。
治療自体は成功したとしてもその後のメンテナンスをしっかりとしなければ細菌感染し、歯周病と似たインプラント周囲炎というものに感染してしまう可能性があります。
このインプラント周囲炎は歯周病よりも進行が早いので注意が必要です。
インプラント治療は外科手術を行うので、100パーセントの確率で必ず上手くいくというものではありません。
手術では神経や血管にも触れる事になるので、そこで失敗をすれば何らかの障害が出てしまうという事も知っておく必要があります。

他にも糖尿病の人は治療が受けられない可能性があります。
糖尿病の人は免疫力や抵抗力が弱い為、細菌等に感染しやすく、手術をした部分から感染してしまうという恐れがあったり、またキズの治りも一般の人より治癒しにくいので、場合によっては断られる可能性があります。
それでも手術前に抗生物質を飲んだり感染対策をしっかりと行えば手術を受ける事も可能です。

高血圧の疑いがある女性高血圧で降圧剤を処方されている人も手術が出来ない場合があります。
その理由は高血圧の人は緊張したり不安感が増すと血圧が一気に上昇し、手術中に気分が悪くなったり動悸がしたり体調が悪くなったりする可能性があるからです。
また局所麻酔には血圧が上がる成分も含まれているので場合によっては断られる事もあります。
しかし点滴麻酔を使えばリラックスした状態で手術を受けられ血圧の上昇を防ぐ事も出来るので手術が可能な場合もあります。
このようにインプラント手術にはデメリットもありますので良く考えてから行う事が大切です。