インプラント治療をしてもらう男性

インプラント手術のメリットとは?

インプラント手術のメリットについて説明する女性インプラント治療のメリットのとして代表的なものが、違和感のない快適な噛み心地と見た目の審美性の高さ、そして1本単位での治療が可能なため残っている他の健康な歯への影響がないことです。

虫歯や歯周病が原因で歯をなくしてしまうと、その歯と噛み合う歯への影響という点からも治療が必要になります。
これまでは、歯をなくしてしまった後の治療の中心は入れ歯やブリッジ治療でした。
今ではインプラント治療を選ぶ人が増えていますし古い治療の入れ歯やブリッジのを部分をインプラントに交換したいという相談で来院する方も急増中です。

チタンなどでできた人工歯根を顎の骨に直接埋め込み、そこにセラミックなどの審美性の高い人工歯を植立するインプラントでは、食事をした時の噛む力の伝わり方が天然の歯と似ています。
そのため天然歯と比べて違和感の少ない噛み心地で、食事を楽しむことができます。

手術で埋め込む人工歯根の素材は、生体に親和性が高くアレルギーリスクのほとんどないものが中心です。
そのため、治療から時間が経っても歯茎の黒ずみなどが起きるリスクが低く審美性の面からも大きなメリットがあります。

手術で人工の歯根を埋め込むインプラント治療と入れ歯やブリッジ治療を比較した場合、インプラントではなくしてしまった歯1本単位で治療ができるのが大きな特徴です。
入れ歯やブリッジでは、残っている他の歯にスプリントと呼ばれるバネや留め具を掛けたり、隣接する歯を削って治療する歯の支えを作ります。
その点インプラント治療では、なくした歯の部分に人工歯根を埋め込んで歯を取り付けるので隣の歯を削らないで治療が可能です。

他の歯に留め具を掛けたり削って支えを作る入れ歯やブリッジの治療では、他の歯に常時力が掛かってしまうので治療から時間が経つとともに歯が少しずつ動いて歯並びや噛み合わせが変わってしまう可能性があります。
歯並びや噛み合わせが変わると、最初に作った入れ歯が合わなくなったりブリッジの部分の噛み合わせに不調が生じて再治療が必要です。
入れ歯やブリッジを再治療するとなると、留め具を掛ける歯や支えになっている隣り合った歯を再び削るなどの処置も必要になってしまいます。

インプラントの専門歯科医院で重視するのが、治療後の定期的なメンテナンスです。
インプラント治療後のメンテナンスでは、治療箇所の周囲に歯肉炎などが発症していないかをチェックしたり普段の歯磨き指導を受けることができます。
インプラント治療なら、入れ歯やブリッジと異なり治療部分をいったん取り外して内部のクリーニングをすることも、患者さんの負担少なく行うことが可能です。